知っておきたいお風呂のお湯の真実

入浴の注意事項は?知っておきたいお風呂の入り方

MENU

お風呂で地味に危ないこと

お風呂は、働く皆さんに取っては癒しの時間ですよね。

 

 

お湯に浸かると不思議と疲れが取れる気がします。

 

 

でも、ここでひとつ知っておいてほしいことがあります。

 

お風呂のお湯の真実

 

水道局から流れてくる水は、汚れや微生物を除去するため、
ろ過すると同時に塩素も大量に投入されます。

 

 

それは、日本人であれば誰でも知っていること!
今では、その影響もあって浄水器をつけるのが普通になってきています。

 

 

でも、その影響がお風呂にまであるって考えたことはあるでしょうか?
普通、お水が熱せられて気化するのは100度です。

 

 

これは、小学校の理科で習いました。

 

 

では、お風呂の温度は?

 

40度程度なのにお湯がもくもくするのはなぜでしょうか?

 

塩素は危険?

 

それが、塩素の影響と言われています。

 

 

でも、温泉でももくもくするので影響ないじゃないって思う方もおられるでしょう。

 

 

本当に有用な成分でもくもくしているなら問題はありません。

 

 

問題は、お家で貯めるお湯が水道水でえあるということ。

 

 

ということは、塩素の混じったお湯に使っているという事実です。

 

 

そして、塩素があまり人肌には良くない場合があるということです。

 

 

帰化した塩素は、肌から吸収されていきます。

 

 

それは、まるでアウシュビッツで大量虐殺された時と同じ状態です。

 

 

日本の技術、安全はとても高い水準なので、致死量な物を入れるようなことは無いと思います。

 

 

ただ、アレルギーやアトピーなど、敏感な方が増えている現代です。

 

 

飲水だけでなくお風呂でも、塩素という存在を意識するだけで、
自分自身のクオリティが上がるのではないでしょうか。